お子様の歯並びについて【小児矯正】

お子様の歯並びが気になるお母さんへ

東京都足立区の歯医者「秀デンタルクリニック」では、小児矯正にも対応しております。子どものうちに歯並びを整える準備をしておくことは、将来のお子さんにとって親御さんからの大きなプレゼントとなります。子どもの歯の矯正では、取り組むタイミングや成長の度合い、経過をしっかり見守る必要があります。歯並びに不安な部分があるなら、お早めにご相談ください。

小児矯正とは

小児矯正は、成長段階にある子どもがする矯正治療です。成長が終わった大人になっても矯正治療は可能ですが、子どもの矯正の場合、顎の骨の成長をコントロールしながら歯を動かすため、小さな負荷で短い期間に理想的な矯正が実現できるのです。また、将来、本格矯正が必要になったときに、抜歯リスクが低減できるという利点もあります。

小児矯正のメリット
治療期間が短い よいタイミングで矯正治療が行えれば、治療期間が短くなったり、将来の矯正治療が不要になったりするケースも。
負担が少ない 顎の成長する力を活用するので、小児歯科の大きな目的である顎の骨の拡大やバランス形成がスムーズに行えます。
抜歯リスクが少ない 早期に顎の骨のスペースが確保できれば、将来、ワイヤーを使った矯正(ブラケット方式)を行う際に、抜歯する必要がなくなることが期待できます。
子どもの矯正治療を始めるのに最適なタイミングとは?

小児矯正では、乳歯から永久歯への生え替わりというターニングポイントに、その子に合った矯正開始時期を検討します。「矯正するのは早ければ早いほどいい」という声も耳にしますが、それはお子様のお口の状態によりけりです。「治療開始」と「受診」は意味合いが大きく異なります。成長を見据えて適切な治療計画を立てるためにも、できるだけお早めに受診してください。経過観察を通じて、その子にとってベストなタイミングを計りましょう。

子どもの歯並びチェック

お子様の歯がこんな歯並びだと、矯正治療が必要かもしれません。次のような歯並びの兆候が見受けられるなら、お子様の年齢にかかわらず、まずはお気軽に当院へご相談ください。

出っ歯 受け口 乱ぐい歯 開咬
出っ歯 受け口 乱ぐい歯 開咬
上の歯、もしくは上顎全体が前に突き出している。 下の歯が上の歯よりも前に突き出している状態。前歯が内向きに傾いているケースも。 歯並びがデコボコしている状態。歯みがきがしにくい。犬歯が飛び出した「八重歯」も含まる。 奥歯を咬み合わせたときに、前歯がきちんと咬み合わない、開いたままの咬み合わせ。

矯正装置と治療について※価格はすべて税別です。

子どもの矯正の大きな目的は、顎に歯が生え揃い、きちんと並ぶことができるスペースを確保すること。ブラケットという大人と同じ矯正装置を使うこともありますが、多くの場合、床矯正で顎の拡大を図ります。

床矯正

床矯正

取り外し可能な矯正装置です。乳歯のみの時期や、乳歯と永久歯が混在している時期によく用いられます。口の内側から外へ向かって顎に負荷をかけ、歯が生え揃うスペースができるよう拡大します。

価格:¥300,000~

子どもの歯並びに関するご相談はお気軽に
秀デンタルクリニック 電話:03-6661-4182	平日 / 10:00~12:00 / 14:30~20:00 FAX:03-6661-4181	土曜・日曜 / 9:30~13:00 / 14:30~18:00 休診日:祝日